肥満まっしぐら?モグワンドッグフードで太る!適切な給餌量とは?

モグワンドッグフードはペットフード先進国「イギリス」で、厳しい衛生管理体制の元、生産されています。

そんなモグワンドッグフードなんですが「与えるが違うのか、最近愛犬が太ってきた!」といった口コミが・・・。

モグワンに限らずどんなドッグフードでも、食べる量が多くては太ってしまいます。

ですが「モグワンドッグフードの適量が分からない^^;」といった方もいるでしょう。

そこで今回の記事では「モグワンドッグフードの適切な給餌量(給与量)」について詳しくご説明していきたいと思います。

モグワンドッグフードのカロリーは?

そもそもモグワンドッグフードで太るということは、モグワンのカロリーが一般的なドッグフードよりも高い可能性も考えられます。

そこでモグワンドッグフードのカロリーを確認してみると、100gあたり「344kcal」となっています。

一般的なドッグフードは、だいたい「100gあたり350~400kcal」くらいなので、モグワンドッグフードの方が若干低めですね。

ですがモグワンドッグフードは総合栄養食。

少ない量でもしっかりと栄養補給が出来るように作られています。

そんなモグワンを与え過ぎては太ってしまうのは当然です!

 

モグワンドッグフードの適切な給餌量(給仕量)とは?

モグワンドッグフードは、市販のドッグフードよりも栄養吸収率が高いので、与える分量はしっかり量って与えましょう。

その適切な給餌量(餌の量)はモグワンドッグフードの袋、またはモグワンの公式サイトに記載されています。

体重別に「適切な給仕量」を心がけましょう^^

もし愛犬が肥満気味の場合は、体重別の「1日量の下限から」痩せ気味の場合は「1日量の上限から」与えていき、体重の管理を行いましょう^^

 

モグワンドッグフードの内容量と保存・保管方法

モグワンドッグフードは、消費期限を延ばす保存料を人工的な添加物に頼るのではなく「愛犬の身体に優しい自然由来の成分」で作られたミックストコフェロールを採用。

そのため人工添加物を使用している市販の低品質なドッグフードと比べると、賞味期限(消費期限)が短い設定となっています。

なのでモグワンドッグフードの内容量は1.8kgと「約1ヵ月分」となっているんですね。

(※モグワンドッグフードは未開封で1年半前後、開封後は3ヵ月が期限です)

モグワンは約1ヵ月分ですから、開封後も「酸化」といった劣化を心配する前に使い切れますよ。

ただし、それはモグワンドッグフードを適切に「保存・保管」した場合の話です。

もし適切に保存・保管していなければ

  • 未開封で1年半前後
  • 開封後は3ヵ月

もたない可能性も考えられます。

ではいったいどのように保存・保管すればいいのかと言うと「高温多湿・直射日光」を避け

  1. 床下収納
  2. 玄関
  3. クローゼット
  4. キッチン
  5. 洗面所

といった「風通しの良い冷暗所」で保存・保管しましょう。

更に、モグワンドッグフードの袋はしっかりと密閉する事が大切です。

しっかり密封出来ていないと、どこに保存・保管しても「酸化」してしまうでしょう。

やっぱり飼い主としては、愛犬に新鮮なご飯(餌)を食べてもらいたいですから^^

モグワンドッグフードの鮮度を保つのは、飼い主である私たちの使命でもあるのではないでしょうか。

関連記事

※今だけ?※モグワンドッグフードのお試しキャンペーンは早い者勝ち?

所詮は海外産?モグワンドッグフードは悪評だらけ?評価評判が低い訳とは