モグワンドッグフードの安全性は過信出来ない?まさか原材料に危険性が?

モグワンドッグフードは動物愛護先進国の一つ「イギリス」の生産工場で作られています。

そしてその生産工場は「欧州ペットフード協会」の厳しい衛生管理条件をクリアした安全性」の高いペットフード専門工場。

とは言え、どんなに製造過程が安全性の高いものでも「原材料」等の安全性が低ければ何の意味もありません。

そこでこの記事では、モグワンドッグフードの原材料の安全性について詳しくお話ししていきたいと思います。

モグワンドッグフードの安全性とは?

皆さんは食事の材料を購入する時に、原産国や加工国を確認することはありませんか?

私は、買うたびに確認します。

やっぱり口に入れる物ですから、安全性は大事ですよ。

 

もちろん愛犬だって大切な家族。

食事の安全性には注意していきたいところです。

そんな中、モグワンドッグフードは「犬の健康」を第一に考えた

  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用

で作られています。

その高い品質と安全性は、真心を込めて紳士にフードと向き合う事で生まれてきます。

 

ヒューマングレード

モグワンドッグフードはワンちゃんの健康や体調維持を考え「ヒューマングレード」で作られています。

ヒューマングレードとは「人間が食べる事が出来る食材」で作られているという意味。

例えばイギリス産の平飼いチキン

このチキンは日本のようにケージで飼われ目いっぱい太らされてから出荷される鶏と違い、しっかりと運動して「程よい筋肉」がついた健康な鶏

その肉質は低脂質で高タンパク質。

ワンちゃんの健康には欠かせない原材料となっているんですね^^

 

また、モグワンドッグフードはスコットランド産の良質なサーモンも使用。

サーモンには健康維持に欠かせない「DHA」が含まれています。

更にワンちゃんにとっては食物アレルギーの心配が低い食材としても人気があります!

このように、モグワンドッグフードは「人間が食べられる食材」を使用し、安全性に注意を払っているんですね^^

 

グレインフリー

グレインフリーとは

  1. グレイン=穀物類(小麦粉・米・トウモロコシ等)
  2. フリー=不使用

という意味です。

何故モグワンドッグフードは穀物類を排除したのかというと「犬は小麦粉アレルギーを持っている可能性が低くない」からなんですね。

さらに言えば、犬は穀物類の消化が苦手なんです。

もし大量に穀物類を摂取すると消化不良を起こし

  • 下痢
  • 軟便
  • 便秘
  • 嘔吐

等の症状が出てしまう危険性があるんです!

なのでモグワンドッグフードは、あくまでも「ワンちゃんの安全性第一」でグレインフリーを採用しているのですね^^

人工添加物不使用

市販の低品質なドッグフードには、ほぼ間違いなく「人工添加物」が使用されています。

人工添加物にはいくつか種類がありますが、どれを調べてみても目に付くのが「発がん性リスク」。

こんな添加物が入ったドッグフードは愛犬には与えられません!

すくなくとも私はそうです。

その点、モグワンドッグフードは人工添加物は一切不使用!

例えば

  1. 着色料
  2. 香料
  3. 調味料
  4. 人工保存料

といった危険性の高い成分は全てカット

必要最低限の自然由来の保存料のみで作られています。

自然由来の保存料は、ミックストコフェロール(ビタミンE)と呼ばれています。

ミックストコフェロールは人工添加物に比べ、その危険性は断然低く安全性にほぼ問題はありません!

つまりモグワンドッグフードの原材料には一切の危険性はなく、市販の低品質なドッグフードよりも「はるかに高い安全性」が備わっているという事なんですね^^

関連記事

※今だけ?※モグワンドッグフードのお試しキャンペーンは早い者勝ち?

所詮は海外産?モグワンドッグフードは悪評だらけ?評価評判が低い訳とは

モグワンドッグフードは劣化が早い!保存方法を間違えると愛犬に危険が